利用規約

はじめに

株式会社スキマトーク(以下「スキマトーク」または「当社」)は、本利用規約に基づいてサービスを提供いたします。 http://www.skimatalk.com/jp(以下「当サイト」)またはスキマトークが当サイト上で提供する全てのサービスを利用する場合は、この規約に同意したものとみなされますので、 本利用規約(以下「本規約」)、プライバシーポリシーその他の規約の内容をご利用前にすべてよくお読みください。

当サイトを訪問、閲覧するなど、利用を行った方(以下「利用者」)は本規約および本規約で参照、リンクされたその他の規約、方針に同意したものとみなされます。 本規約は、会員(「先生」または「生徒」)、顧客、マーチャント、当サイト上の情報、コンテンツ、その他のマテリアルやサービスの提供者を含む、当サイトの全てのユーザーに適用されます。

ご質問がありましたら、「よくある質問」ページをご参照いただくか、support@skimatalk.com までご連絡ください。


第1条 (スキマトークにおける取引)

スキマトークは当社の規約や方針に遵守する利用者に対し、レッスンの提供とそれらのレッスンの購入ができるマーケットプレイスを提供します。 購入者(「生徒」)とサービス提供者(「先生」)が当サイトを通して行う取引は直接取引となり、当社は当該取引の当事者とはなりません。 従い、当社は提供されるレッスンの質、安全性、道徳性、合法性、真偽または正確性、およびサービス提供者のサービス提供能力について、管理やコントロールしません。 当社は利用者および利用者が提供するコンテンツや情報を事前に審査せず、購入者またはサービス提供者が実際に取引を完了することを保証しないものとします。

当社は利用者の身元、年齢、国籍などの真偽を保証しません。取引相手または将来の取引相手と直接行うコミュニケーションは当社が当サイトで提供または推奨するツールを使って行うことを奨励します。

スキマトークはマーケットプレイスであり、利用者やその他ユーザ、外部の第三者が掲載する、データ、テキスト、情報、会員情報、グラフィック、画像、写真、 プロファイル、音声、映像、アイテム、リンクなど、いかなるコンテンツに対しても、当社は一切責任を負いません。 利用者はスキマトークのサービスを自己の責任で使用するものとします。

第2条 (会員資格)

年齢: スキマトークのサービスは適用法下で、法的に契約を締結できる18歳以上の方のみが利用できるものとします。 利用者は、利用者の年齢が18歳以上であり、利用者が登録した全ての情報が正確で、真実であることを保証するものとします。 スキマトークは自己の裁量において、いかなる個人や団体に対しても当サイトへのアクセス・利用を拒否でき、また会員資格の条件をいつでも変更できるものとします。 尚、本条項で会員資格を持つ方でも、会員になることが法律に反する場合はその資格は無効となり、当サイトへのアクセス資格は該当する法律により取り消されるものとします。

18歳未満の利用者がサービスを利用する場合は、常に18歳以上の親または法的保護者の監視下のもと、利用するものとします。 このような場合は、その親または法的保護者がサービスの利用者であり、全ての又いかなる行為についても、責任を負うものとします。

コンプライアンス: 利用者はオンライン上の行為およびオンライン上で許可されているコンテンツに関して、適用される全ての法律を遵守することに同意します。 加えて、利用者(あてはまる場合は利用者の行為と当サイトの使用方法を含む)はスキマトークの本規約で規定された規約や方針、 並びにスキマトークが当サイトに随時掲載するサイト運営に関するルール、方針、手続きに遵守するものとします。 これらの規約、方針、ルール、手続きは本規約に含まれるか、または利用者への通知なしに当サイトにて随時更新されるものとします。

当サイト上で提供されるいくつかのサービスは、当社によって随時公示される追加の規約が適用される場合があります。 利用者がこれらのサービスを利用する場合、当該追加規約は本規約に包含されるものとし、利用者はこれらを遵守するものとします。

パスワード: 利用者はパスワードを自己で安全に管理するものとします。利用者がパスワードの秘密維持管理を怠った場合に生じるすべての事柄、負担、損害は、利用者が全て負うものとします。 利用者は利用者のパスワードの不正使用又はその他のセキュリティ侵害があった場合は速やかに当社に通知するものとします。 また、利用者がパスワードの秘密維持管理を怠った場合に生じるいかなる損失や損害に対して、当社は一切責任を負いません。 利用者は当社の書面での承諾なしに、第三者に対して、ユーザーID(Eメールアドレス)、パスワード情報を開示しないことに同意するものとします。

アカウント情報: 利用者はEメールアドレスを常に使用可能に設定しておくほか、アカウント情報を常時、最新かつ正確にしておくことに同意するものとします。 当サイト上でレッスンを掲載、又は購入するためには、有効なクレジットカード情報やPayPalのアカウント情報など有効な支払い方法の情報を利用者が提供し、その情報を保持するものとします。

アカウントの移転: 利用者はスキマトークのアカウントとユーザーIDを第三者に移転できないものとします。 利用者が法人として登録している場合、利用者は当該法人が本規約を遵守することを個人的に保証するものとします。

特定会員の利用停止・会員資格取消: スキマトークのサービスは特定の会員が一時的又は無期限に利用ができなくなる場合があるものとします。 当社は自己の裁量により確認できない又は長期に使われていないアカウントを取消す権利を保有するものとします。 また、当社は如何なる方に対しても、理由の如何を問わず、サービスの提供を拒否する権利を常時保有するものとします。

第3条 (料金およびサービス)

スキマトークへの参加と会員登録は無料です。レッスンがスキマトークのサイト上で購入された場合、スキマトークは取引額の一定割合をサービスの対価として受け取ります。 当社サービスに関する料金体系の変更は、当社がサイト上で通知してから最低14日以降に有効になるものとします。 但し、当社が一時的に行うプロモーションイベントおよびサービスに関する、一時的な料金体系変更については、サイト上で当該プロモーションイベント・サービスの告知を行い次第、有効になるものとします。 当社は自己の裁量により、サービスの一部またはすべてを何時でも変更することができるものとします。 当社が新サービスを開始する場合、そのサービスに対する料金は開始後に即時適用されます。 スキマトークのサービスを利用するにあたっての料金と適用される税金は全て利用者が負担するものとします。 サービス提供者が第5条に違反した場合、サービス提供者はスキマトークからサービス対価の支払いを受けることができないものとします。

取引手数料: 購入者が当サイト上でレッスンを購入した場合、当社は取引総額から決済手数料を差し引いた額を受け取ります。 うちレッスン表示価格の80%に適用される決済手数料を差し引いた額が、所定のスケジュールに従い、当社をパススルーし、サービス提供者(「先生」)に対し、支払われるものとします。 従い、当社の対価はレッスン表示価格の20%に適用される決済手数料を差し引いた額となります。

サービス提供者(「先生」)に対する支払いスケジュール: 当サイトを利用する先生はサービス(レッスン)提供を1ヶ月行った場合、 全てのセッションの価格総額に当社が受け取る対価を差し引いた額を当社をパススルーして、サービスが行われた次の月の最終日までに先生に対して支払われるものとします。 例えば2020年1月に行われたサービスに対する支払いは2020年2月末までに先生に対し支払われることになります。

返金に関する方針:
生徒はレッスンの予約を、予め購入するスキマトークコインを通して行うものとします。レッスンのキャンセルの際は、現金ではなく、予約の際には生徒が使った スキマトークコインを返却するものとし、 生徒が購入したスキマトークコインは返金できないものとします。 そのため、都度購入の場合、一度ご購入いただいたスキマトークコインの返金は承っておりません。定期の月額購入の場合、契約期間内であれば、いつでも解約することができます。解約いただくと翌月のサービス提供ならびに請求は行いません。解約はプラン設定画面より行うことができます。途中解約による返金は承っておりません。

第4条 (商品の掲載と販売)

掲載される商品の記述: 当サイト上にレッスンを掲載した場合、掲載した利用者は、利用者と商品(レッスン)がスキマトークが告知している規約・方針全てに遵守していることを保証したものとみなします。 また、商品を掲載した利用者は利用者が法的にレッスンを行ってもよいことを保証したものとします。 利用者はレッスンの内容を正確に記述する義務があり、販売される掲載商品は正確かつ完全にレッスンについて記述するものとします。

第5条 (禁止事項及び行為)

利用者のスキマトークに関わる行動や活動、利用者が当サイト上に提出、掲載、表示した、いかなるデータ、テキスト、情報、ユーザーID、グラフィック、画像、写真、プロファイル、音声、ビデオ、アイテム、リンク(以下まとめて「コンテンツ」) は利用者が単独で責任を持ち、当社は一切責任を負わないものとします。

禁止事項及び行為: 以下のコンテンツとスキマトークの利用方法を禁止するものとします。

1) 虚偽の、不正確な、または誤解を招く恐れのあること

2) 第三者の著作権、特許、商標、企業秘密、その他の所有権、知的財産権、パブリシティー権、プライバシーを侵害すること

3) 本規約または適用される法律、法規、条例、規制に違反すること

4) 他人またその商品(スキマトークの従業員と利用者を含む)に対し、中傷、誹謗、不法に脅迫、嫌がらせ、なりすまし、強要を行うこと。 また、例えば、類似のEメールアドレス、ニックネーム、偽のアカウントを使用したり、作る、またはその他の方法やデバイスを使って、偽って又は不正確に他人との関係を述べること。

5) わいせつな行為、児童ポルノを含むもの

6) システム、データ、または個人情報に、損害を与える、有害に干渉する、秘密裏に傍受したり取得する、または損害を与える可能性のある、破壊的性質をもつコードやプログラムを侵入させる、または送信すること。

7) スキマトークが関与していると偽って暗示するために、当サイトまたは他のサイトに対し、修正、脚色・編集、ハッカー行為を行うこと

8) スキマトークに負債や障害を引き起こす可能性のある行為。 利用者は利用者がスキマトークに取引料金を支払うことによって、スキマトークが適用される法律、法規、条例、規制、または本規約に違反する可能性のあるような、レッスンを掲載する、 またはスキマトークサービスを使って取引を完結する、といった行為をできないものとします。

9) 生徒に対してスキマトークプラットフォームを介さず、直接レッスンを行う行為、または直接レッスンを行うことを勧誘する行為。全ての先生はスキマトークプラットフォーム上で生徒とマッチングおよびレッスンを行う必要があります。もし、当該規定に反する行為が見つかった場合、当該先生のアカウントは即刻削除されるものとします。

10) スキマトークの先生に対し、スキマトーク外でサービス提供することについて、勧誘を行うこと。 スキマトークのユーザーは、スキマトークの先生をスキマトーク外でサービス提供(業務またはその他全ての形式を含む)することについて、勧誘を行うことを禁じられています。勧誘した、または勧誘しようとした行為を当社が発見した場合、そのユーザーのアカウントは即刻削除されます。加えて、かかる行為を行ったユーザーに対して、法的な手段に訴える権利を有することとします。

第6条 (コンテンツ)

ライセンス: 利用者が当サイトに掲載するコンテンツの所有権は当社ではなく、利用者に属します。 利用者は利用者が当サイトに提供した情報またはコンテンツを使用する権利を当社に許諾するものとし、 当該コンテンツに対して利用者の持つ権利を当社が侵害しないことを保証します。 利用者は非排他的、全世界で使用可能、無期限、取消不能、著作権使用料無料、かつ多層にサブライセンス可能な権利を当社に許諾し、 利用者が当該コンテンツに対して持つ著作権、パブリシティー権、データベース権を現在、将来問わずいかなる媒体においても当社が使用する権利を行使できるものとします。 また、当社が利用者のコンテンツを保存、又はフォーマットし直して、当サイト上に当社が選ぶ方法で掲載することに、利用者が同意したものとします。

取引の過程で、利用者がEメールアドレスやスカイプ名など、他のスキマトーク利用者から個人情報を受け取る可能性があります。 事前の承認なしに、利用者は他の利用者の個人情報をスキマトークに関わる取引やコミュニケーション以外に使用できないものとします。 利用者はそれらの個人情報を商用目的の売り込みなどに使用できないものとします。 加えて、他の利用者から明確な同意がない限り、利用者は他の利用者を利用者のEメールリストやアドレス帳に追加できないものとします。

コンテンツのリポスト(再掲載): スキマトークに掲載されたコンテンツは外部のウェブサイトや第三者にリポストされる可能性があります。 利用者はこれらの使用に関わる事項について、当社を免責することに同意するものとします。 利用者がスキマトーク上の画像を他のウェブサイトに掲載する場合は、スキマトークの該当ページからリンクを張らなければならないものとします。

アイデアの提出: 当社が当サイト経由などで利用者から受け取る自主的な示唆、アイデア、提案、その他情報・資料は機密事項や独占所有権を持つものではないものとし、 当社がそれらを開示、使用する場合、当社は一切責任や義務を負わないものとします。 利用者が行うすべてのコミュニケーションについて、利用者は本規約を遵守するものとします。 利用者は利用者がそれらの情報・資料について保有する所有権に関し、それらの情報・資料を使用する権利を当社に許諾し、 全世界で使用可能、非排他的、無期限、取消不能、著作権使用料無料、支払不要、かつサブライセンスおよび移転が可能な権利とライセンスを 当社に許諾または許諾することに同意するものとします。 それにより、例えば、当社が利用者に対価を支払う、説明する、または確認することなしに、それらの情報・資料をスキマトークのAPI、書類、商品やサービスに組み込むなど、 商用・非商用問わず、いかなる目的にもそれらの情報・資料を当社が組み込み、使用、公表、活用することができるものとします。

第7条 (情報の管理)

当社は利用者によって当サイト上に掲載されたコンテンツを管理・コントロールしないものとします。 従い、利用者は侮辱的、害のある、不正確、または人を欺く、コンテンツを見つける可能性があります。 また、未成年や成り済ましの利用者と取引するリスクがあります。

利用者はそのようなリスクがあること、およびスキマトークとその経営管理者、取締役、代理人、子会社、合弁会社、従業員が他の利用者の不作為や行為に対して、一切責任を負わないことを認め、スキマトークを利用する場合は、それに同意したものとします。 利用者がスキマトークを利用する際は、常識に基づき、注意を払いながら、安全に購入(レッスン購入)や販売(レッスン掲載、レッスンの対価受領)を行うものとします。

その他のリソース: 当社は当サイトでリンクを張った、または参照された外部ウェブサイトやリソースが有効でアクセス可能であることに責任を負わないものとします。 当社はそれらのウェブサイトやリソースのコンテンツ、広告、製品、その他の情報・資料を、一切保証せず、責任や義務も負わないものとします。 それらのウェブサイトやリソース、またはそれらを経由して得られた、コンテンツ、モノ、サービスを使用又は依存することによって生じた、または生じたとされる損害や損失 について、当社が直接的にも間接的にも一切責任や義務を負うものではないことに利用者は同意するものとします。

第8条 (ミーティング)

利用者が個人または複数の個人と会合またはオンライン上のバーチャルミーティング(あわせて「ミーティング」)を設定又は出席する可能性があります。 利用者が他人と交流する場合、利用者が単独で一切の責任を負うものとします。 利用者はミーティングの際に、スキマトークの規約・方針を遵守し、ミーティングが行われる、郡、市、都道府県、国の法律を遵守することを認め、同意するものとします。 特定のグループやミーティングの追加の参加資格が、グループやミーティングのコンタクトパーソンによって、設定されるかもしれません。 当社はこれらの利用者が自主的に立ち上げたグループやその要求・資格、またはミーティングに一切関与しないものとします。

当社はミーティング、利用者主導のオンラインまたはオフラインの集まり、利用者と第三者の人や企業との間の交流を管理またはコントロールしません。 利用者は当社が利用者の審査を行わないことを理解するものとします。 全ての利用者は、他人との交流、特にオフラインまたは個人的に他人と会う場合、注意と良識ある判断をもって行動することに同意するものとします。

第9条 (紛争の解決と放棄)

利用者と当社間での紛争が生じた場合は、利用者は当社まで連絡するものとします。

本規約にある項目に関する紛争が生じた場合、最終的に仲裁により、紛争を解決するものとし、東京簡易裁判所もしくは東京地方裁判所を第一審の専属的合意裁判所とします。 本項に限らず本規約の全ての項目を法的に有効としない管轄、国、地域では、当サイトは使用できないものとします。 当サイト(提供可能またはアクセス可能なサービスを含む)又は本規約から、もしくは関連して、生じた訴因はその発生から1年以内に具体的手続きに移されなければならず、 そうでなければ、永久に無効とすることに利用者と当社は同意するものとします。

もし利用者と他の利用者もしくは外部の第三者との間に紛争が起こった場合、利用者はスキマトークとその経営管理者、取締役、代理人、子会社、合弁会社、従業員を、 その種類や性質、既知か未知か、疑わしいか疑わしくないか、開示済か非開示かに関わらず、その紛争から、または関連して生じる いかなる申し立て、要求、実質的または結果的な損失から、免責・解放することに同意するものとします。 利用者間の紛争が起こった場合は、利用者が適切な地域の法執行機関、または認定された調停機関か仲裁機関に報告することを当社は勧めます。

当社は利用者のために紛争解決の協力をする可能性はあります。 但し、当社は当社の自己裁量により協力を行うものとし、利用者間、利用者と外部の第三者間の紛争を解決する義務を当社は一切負わないものとします。 当社が紛争解決に協力できる範囲で、ただ当社の規約・方針に基づいて、誠実に対応します。 当社が法的問題や申し立てについて判断を下すことはないものとします。

第10条 (当社の知的財産権)

SkimaTalk、スキマトークおよび他のスキマトークのグラフィック、ロゴ、デザイン、ページヘッダー、ボタンアイコン、記述・スクリプト、サービス名は、 日本ならびに他の国における、当社の登録商標、商標、トレードドレスのいずれかになります。 当社の商標とトレードドレスは混乱や混同を招くような方法で他の製品やサービスとして、またその一部(例:商標の一部やドメインネームやEメールアドレスの一部)としても使用してはならないものとします。

第11条 (アクセスと妨害)

当サイトはロボットを排除するヘッダー(ソフトウェア使用に関する内部ルールを含む)を含んでいる場合があります。 スキマトーク上の多くの情報はリアルタイムで更新されます。それらの情報は当社が所有する、もしくは当社がスキマトークの利用者か第三者から使用許諾のライセンスを得ているものです。 当社から明確な書面での許可を得ない限り、いかなる理由でも利用者はロボット、Spider、Scraper、その他の自動の手法を用いて、スキマトークにアクセスをしないことに同意するものとします。

加えて、利用者は以下の行為をしないことに同意したものとします。

1) スキマトークのインフラストラクチャーに、不当もしくは偏って大きな負荷をかける、もしくはかける可能性のあるような行為(特定の行為がそれに当てはまるかは当社の独自判断に依る)を試みること

2) スキマトークおよび(関係がある場合)第三者からの書面での明確な承認がないにもかかわらず、他の利用者のコンテンツを複製、再生、修正、派生物の作成、配布、又は公に掲載すること

3) 当サイトの動作・運営、その他の当サイト上で行われている全ての活動について、これを妨害または妨害しようとすること

4) スキマトークがアクセスを禁止や制限するために使っているロボット排除ヘッダー、またはその他の機能を迂回すること

第12条 (違反)

以下のいずれかに適用される場合、当社は通知なしにまたは料金や手数料の返金なしに、特定のユーザに関する、コンテンツの掲載を遅延・即時排除、 行動についてスキマトークのコミュニティに警告、警告状を発行、一時的又は無期限にサービス又はアカウントの特典を停止、アカウントの取消、 当サイトへのアクセスを禁止、技術的または法的な手段を使って当サイトへのアクセスを禁止、サービスの提供を拒否、およびその他の当社が必要と 考える処置を行えるものとします:

- 当社が情報、調整、確信、合意、保険、第三者による調査、又はその他の手段を用いて、特定の利用者が本規約を含む当社の規約、方針、ガイドラインに違反した疑いがあると当社が判断した場合
- 当社が利用者の個人情報やコンテンツを確認又は本物であると証明できない場合
- 利用者が当社の方針や精神に反する行為を行った場合
- 利用者がスキマトークに関して、不適正または詐欺的な行為に関与した場合
- 利用者が他の利用者又は当社が法的責任または財務的損失を受ける可能性のある行為をした場合

第13条 (プライバシー)

当サイトの使用に関して提供された個人情報については、当社のプライバシーポリシー(本規約の一部)に基づいて当社が取り扱うものとします。 詳細はプライバシーポリシーを参照してください。

第14条 (無保証)

当社と当社の子会社、経営管理者、取締役、従業員、供給業者はスキマトークのウェブサイトとサービスを現状のまま、明示・暗示や法定を問わず、なんらの保証あるいは条件なく提供するものとします。 当社と当社の子会社、経営管理者、取締役、従業員、供給業者は権利、商品性、パフォーマンス、特定目的への適合性および非侵害の、黙示保証の責任を放棄するものとします。 利用者が当社から口頭または書面で取得したアドバイスや情報は当社が何らかの保証をするものではないものとします。

第15条 (有限責任)

当社と(適用される場合)当社の子会社、経営管理者、取締役、従業員、供給業者は、利用者または当サイト、スキマトークのサービス、本規約の使用に関して行われた、 利用者又は第三者による行動によって、又は関連して生じた、損害(逸失利益、逸失利益、傷害、精神的苦痛、特別、偶発的又は間接的損害に限らないが、これらを含む) に対して、直接的、間接的、一般的、特殊、代償、間接的、偶発的であるか問わず、いかなる場合も一切責任を負わないものとします。

当社と(適用される場合)当社の子会社、経営管理者、取締役、従業員、供給業者の利用者または第三者に対する責任はいかなる場合も、(A)当該責任を引き起こした行為から遡って12ヶ月間に利用者が当社に支払った料金 (B)10万円、のいずれか大きい方の金額を超えないものとします。 州によっては偶発的または間接的な損害の制限や除外を認めていない場合もありますので、利用者によっては上記の制限や除外が適用されない場合もあります。

第16条 (損害補償)

利用者が本規約または本規約に参照された文書に違反した場合、もしくは利用者が法律に違反又は第三者の権利を侵害した場合に生じた、第三者からの申し立てや要求から生じる、 費用(妥当な弁護士費用を含む)や損害の全てを、利用者は当社と(適用される場合)その親会社、子会社、関係会社、経営管理者、取締役、代理人、従業員に対して、補償し、 当社と(適用される場合)その親会社、子会社、関係会社、経営管理者、取締役、代理人、従業員を責任から保護することに同意するものとします。

第17条 (無保証)

当社は当サイトへの継続的で途切れのないアクセスを利用者に保証するものではなく、当サイトの運営は当社がコントロールできない数多くの要素によって妨害される可能性があるものとします。

第18条 (法遵守、税)

利用者は当サイトの使用やスキマトークのサービス、適用される場合、購入、購入提案の勧誘、サービスの販売に関係する、 全ての適用される国内および国際法、法規、条例、規制を遵守するものとする。 また、利用者は当サイト上で行うサービスの購入や販売に適用される全ての税金(当社の利益に関する税金を除く)を支払う責任を負うものとします。

第19条 (契約の分離)

もし、本規約の一部の項目が法的拘束力がないものである場合は、当該項目は、関係者の意図を反映して修正されるものとします。 本規約の残る全ての項目は存続し、効力を有するものとします。

第20条 (非代理人関係)

利用者と当社は独立した契約者であり、代理人、パートナーシップ、合弁会社、または雇用非雇用やフランチャイザー・フランチャイズ加盟者の関係を本規約により意図又は形成されたものではないものとします。

第21条 (スキマトークのサービス)

当社は通知なしに何時でもいかなる理由でもスキマトークのサービスを変更又は終了する権利を保有するものとします。 当社は本規約又は当サイトに関わる方針を何時でも変更する権利を保有するものとします。利用者は頻繁に本規約、当該方針を確認してください。 当社が大きな変更を行った場合、本規約、Eメール、ホームページ上の通知、またはその他の適切な場所で利用者に通知を行うものとします。 「大きな変更」の定義については当社が常識、妥当な判断を持って、誠実に自己裁量により、決定するものとします。

第22条 (再委託)

当社は、当サービスの販売・提供に関わる業務を第三者または子会社などの関係会社に再委託することができるものとします。

第23条 (準拠法)

本規約に関する準拠法は、日本国法とします。

第24条 (存続)

第3条 (料金およびサービス)、第6条 (コンテンツ)、第7条 (情報の管理)、第8条 (ミーティング)、 第9条 (紛争の解決と放棄)、 第10条 (当社の知的財産権)、第11条 (アクセスと妨害)、第12条 (違反)、第13条 (プライバシー)、第14条 (無保証)、第15条 (有限責任)、第16条 (損害補償)、 第17条 (無保証)、第19条 (契約の分離)、第20条 (非代理人関係)、第22条 (準拠法) は本規約の契約終了や満了後も存続するものとします。

第25条 (通知)

明確に記載されている場合を除き、利用者からの全ての通知は郵便で当社宛に送付するものとします。
宛先: 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町22-17 グランド・スポットビル 101 管理部

当社から利用者への通知は、メンバー登録時またはEメールアドレス変更時のEメールアドレスに通知するものとします。 通知者がEメールアドレスが無効と通知された場合を除き、 通知はEメールが送付された24時間後に通知されたとみなすものとします。

第26条 (情報開示)

サービスは株式会社スキマトーク(住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町22-17 グランド・スポットビル 101)によって、提供されます。